NOW ART, project

Nice France

RESEARCH PROJECT

ジェームズ・ボンドが駆け抜ける沿岸線暖かくて穏やかで素敵なホテルやレストラン色鮮やかな市場が広がるニースのイメージ像。

ニースはカンヌモナコに続く観光名所として知られていますしかしこの街には理想と現実のギャップがあります。

それは移民の多さやそれに伴う犯罪率の高さなど旅行では見えてこない様々な問題が眠っています。

かつてピカソやマティースが住んだこの街のアートシーンにもギャップは存在しました。

このプロジェクトでは「街とアートの繋がり「なぜ若いアーティストが次々に

流出していってしまうのかを様々な手段でリサーチしました。

街の実情を知り彼らの声を可視化することで若い地元のアーティスト間で

意識の共有をする。アーティストは社会に影響を与える事ができるか。

街を見直すためのアートフェスティバルを開催するという名目で

彼らにこの街のアートシーンのマニフェストを掲げてもらう。

ーティストが憧れるニース像がある。

ギャラリーやミュージアムフランスで有名

美術大学がある。

新しく若いアーティストがその理想像と太陽の光を求めてやってくる。

主要アート機関がリンクしておらず、街とアートの関係が希薄。観光客が集まる海側とそうではない内陸では人の流れに大きな違いがある。

学生アーティストには表現する場やコラボレーションの機会が限られている彼らは卒業後、より多くのチャンスを求めニースを離れる。

街の政策から、観光名として外観をクリーンに保つことを規制され、特にグラフィティアートストリートアポステングなどには厳しい。

関は携を取って街とアートシーのコネクションを強めようとしていますただアーテストや学生が主体なる動きは見受初動が大きな変革のきっかけになるとじました経済が成長し、

その地のオリジナリティを失っていとは起き例とにニスはその徴的都で、政治と術が抗し街と人とアートが分断されている状況でした。一度拡散した状態を一つにまとめるためには場所とタイミングが必要です。ニース民の声は大な筒と共に市長に届けられました。

Project member

Georgia Jacob, Scenography and Spatial Design

Takayuki Ishii, Community Engagement and Communication Design

Tom Butler, Writing and Digital Marketing

Vilma Luostarinen, Curation and Project Management

Xi Li, Art Administration

Collaborator

Claudia Schachenmann  Art|Basel VIP Relations Project Manager

Patric Frega  Artist

Villa Arson

COPYRIGHT © 2015 TAKAYUKI ISHII.  ALL RIGHTS RESERVED.