HUMAN ANIMAL MACHINE

London, UK

EVENT ORGANISE  RESEARCH PROJECT

ロンドンのストラトフォードに位置するオリンピッパーク。

そこに現代で唯一残された珍しい水門がありますそのすぐ側に建つNewton’s Cottageはかつて水門の門番が住居とした家の骨組みです。

イギリスには無数の運河がありメインの交通網として使われていました。

太くて丈夫なロープで馬が舟を引く門番が水門を上げ生活物資や戦争に使われる武器などを積んだ舟が進む。

歴史が深いにも関わらず現在は使われる機会が激減し放置される箇所が増えました。

広場として使われているこのコテージで「どう訪問者にその物語を伝えるをテーマに体感型イベントを開催しました。

ロープは変わらぬ職人技能として現代と昔を繋ぐ代表的ツールである。

職人とロープと馬を掛けあわせることでかつてのロンドン運河の歴史を体感する。

ドンには無数の運河があり、

かつて主要な交通網として使われていた。

運河の歴史にはlockkeeperやcraftsman、

ボートを引く馬などなキャラクターが関わっていた。

主要交通網が陸に移り運河は衰退放置される

箇所が増えた現在その歴史を知る人は減った。

Newtons CottageはOlympic parkにある、

歴史ある水門の近くに建てられたlockkeeperの住居の骨組み。

ロープワークは昔から生活に必要な知恵である。特に運河交通に対してその役割は大きく、

引く、吊り上げる、停留する、と今でも変わらない姿がある。

Rope making workshop

なローイキ体験することでそれのよう職人技なのかを

理解する。

 

歴史を紡ぐ中で職人技能は要な資質の一つです。コテージを建てる門を操作する職人馬を引く作る舟に絵描く職人そしてロープを作る職人その中でもロープは現代においてもその作り方や用途は変わること河の歴史においてキーツールです。

 

 

                                                 photo by Rahil Ahmad

Big horse installation

ロープメキンで作ロープを

大ホースにデコレーションするそうするこによロープの関係性感する。

 

このイベ名前もあるHUMAN ANIMAL MACHINEは(引き手と馬が舟を引く機械する、力を発揮といトに由来するものです。馬力ように馬はエンジンそのものでしたまたMACHINEというようにワイーメシュで馬を再現しました。

Visual identity

ボートペインティング大事な職人技能

の一つ。

 

職人技を伝える事もこのイベントの目的の一つでした。運河にまつわるイベトだということを伝えるためにもボートに施されるペイントを参考にこのようなデザインをしました。

ト名であるHUMAN ANIMAL MACHINEはキャッチコピーとしてインパクトを発揮しました。

普段遊び場であるこのコテジで訪れる子どもたちが大きな馬とコテージロープというンパトの断片を記憶に留めれたら将来歴史を手繰るキッカケになるのではないかと企画しましたしかし人の参加者に対してのコミュニケーション善の地がありますらに歴史を深く知るワークショプやツアーなどが付して考えられますこで得た知識を子供に絵本を読み聞かせるように語り継いでいくとり一層このイベの効果が現れる考えます。

 

                                                  photo by Rahil Ahmad

Project member

Collaborator

Client

Arif Wahid, Interior Architecture

Hannah Rogers, Landscape Design

Nele Vos, Design Strategy and Graphic Design

Pei-Hsin Chen, Exhibition Design

Takayuki Ishii, Community Engagement and Communication Design

Yaqi Zhang, Digital Entertainment Design

COPYRIGHT © 2015 TAKAYUKI ISHII.  ALL RIGHTS RESERVED.