green drinks KANAYA

千葉県富津市金谷

CITY BRANDING  EVENT ORGANISE

金谷で始まった弾プロジェト。

green drinksとはではgreenzが母体となる世界中に展開するイベト団体ですエコでサステナビリティな関係をテーマに、

それぞれの地域の特性を活かして自分たちで見つけたテーマを人に伝えていく事を目的とします。

来て知る話して繋がる一緒に作り実現する。

この機会を毎回違う講師とともに作るのがgdKですまた町の事を少し考える入り口のようなトです。

金谷で初期から続く活動。

まち「知るうこと「つながるいがカタとして残る「つくるという互の関係を目的としている。

この地を知ってもらう為に金谷の魅力に寄せたイベントを様々なコラボレーターと企画。

町の散策やその時々の旬な金谷の食材を使った料理でおもてなし。

恵方巻きワークショップ

地元のおばあちゃんを講師としてお招きし「恵方巻きワークショップを行いました特に若い世代間では恵方巻きを作った経験がない方が多いのではないでしょうかVol.1は金谷使い一緒に寿司を巻き文化になぞらって食すというものでした恵方巻きをキッカケに訪問者と地元の方訪問者間の交流が生まれました。

 

Insight: 訪れた人たちはロケーションと食文化に強い興味を抱いていましたここからリピーターが増えてます田舎に住む高齢者との交流が想像できない事が田舎離れの一つの要因ですが第一回目で地元の方の交流を図った事が一つハドルを下げる事につながりました。

二年のための桜苗植えワョッ

花見は日本独自の文化です。金谷には一本も桜が

ありませんでしたそこで地元の方々とに桜

の苗を植えて二年咲くにままって

宴会をしようという意図でこのイベントは行われ

ました。イ後には二年後までの自身の夢

ボードに綴って頂きました。

 

Insight: 地元の方との会話が苗越しに交わされ桜が咲く頃に。」というポジティブなメッセージと共に、訪問者地元民が同じ未来を向くきっかけになりました。時間を越えるコンセ参加者意識をより長い巻き込むことができ

谷に映画館がやってきた

には映画館つもあったんだよい話を聞きイベントを催しました前半は地元の方たちがだった代の画を観て谷の活を語り合い後半はチベットの状を伝「オロという映画を鑑賞しました代島監督を迎え当作品とミニシアターについてっていただきました。

 

Insight: 違う世代間で映画は普遍的で後世に残るのでとても馴染みやすいです共通の話題を持つ事でコミュニケーションも円滑になりますルーツを話し合う事で金谷で出来る新しいアイデアが生まれましたまた谷と界を比べることで自分の身の回りの状況を深く考察出来るようになります。

アジを開いてキャンプしよう

金谷の特産でもある黄金アジを使用して地元のおばあちゃんに料理のいろはを教えてもらいながら金谷のことや各々のことを語り合いました当日は様々なアジ料理メニューがありから帰ってもレシピとその味を思い出してもらおうということで参加者にはヒミツのレシをお渡ししました。

 

Insight: 故郷の味家庭の味ろの味。

味は場所を思い出す要なつで所×材×理×会話よりこの地にりたいと思う経験になります事実彼女の料理や金谷で食べる食事を谷を訪れ人も出てきまし

分野を越コラボレーションスキルと、

時間を越えるコミュニケーションツー

ローカルプロジェクな2つのポイがあると

思いますはコラボレーション地方が舞台では

なくわりも限られしまうようます

知るためや要なものるにでは到底出来ないことに気がきます化されているシステムはな知らない分野も広いからです地元の方や職農者や他分野のエキスパトの力が要になりますは時間を越える事にはそこで長年暮らしているいますらと受け継ぐしいものをるには在だけをては来ません来へ渡るツールが必要ですのツー探す事が地域住民と居住訪問者を繋ぐ一つのデザ

インになると思います。

Project member

西田直人、大江健太、金子愛、山本梓、柳瀬武彦、石井挙之、小川諒、竹内祥、藤田晋二、横井祐香、高橋類(参加順)

Collaborator

金谷住民のみなさんCASA PROJECT HOUKO氏maruemu candle 片柳茉奈美氏green drinks Kashiwa、

green drinks Matsudoクロヨガジャパン 西浦莉紗氏映画監督 代島治彦氏藤野電力 鈴木俊太郎氏greenz 塚越暁畠山千春氏、志田浩一氏発酵デザイナー 小倉ヒラク氏ソトコ(コラボレーション順)

COPYRIGHT © 2015 TAKAYUKI ISHII.  ALL RIGHTS RESERVED.