CREATIVE "GARDEN"

デザインやしくみ場所がずっと使われ続け、

使っていくうちに愛着が湧いて色々な人が関わりあっていく。

それは連鎖と変化を繰り返す菜園のようなサイ

 

たとえば・・・

今まで埋まっていたノを探す。

そこには何がからい。

いい野菜が良い土から育つように、

ふるいにけて見つけたものを理する。

ここでデザインやアイデアを投入。

その時によってアプロ(たね万別

ここでアイデアがアウトプットとして現れる。

あぁでもないこうでもないと来上がった見比べる。

アウトプトをユーザー・オーディエンスに経験して提供する。

シェアやフィードバックがここから生まれる。

手を変え品を変えアイデアを育てる。

耕して何がまっているか調べる。

Research 1: 見ける。

Analysis: ふるいに掛ける。

Design approach: 種をまく。

Output, evaluation: 実がなり収穫する。

Sharing, feedback: みんなで食べる。

Updating: 次の季節へ向けてまた耕す。

Developing idea: をあげる。

Research 2: 耕す。

じゃあ次はどうしたらいいかお客さんの反応と共にアイデアを進化させる。

こうすることによって1は活性化してきます。

そしてこのプロセスにはたくさんの協力者やユーザーが関わります。

多様なコラボレーターは可能性の幅を拡げます。

COPYRIGHT © 2015 TAKAYUKI ISHII.  ALL RIGHTS RESERVED.